Xbox Idea: リニューアルされたXboxアイデア提案サービスについて


Xbox FeedbackというWebサイトをご存知でしょうか? このブログでも取り上げたことはありますが、Xboxの新しい機能やアップデート、互換対応に関してユーザーがアイデアを投稿したり投票したりコメントしたりできるWebサービスでした。様々なアイデアが実際にここから取り込まれることになりましたが、一方で無関係な投稿や同じような投稿が相次いだりして本当に有益なアイデアが埋もれて探しづらくなったりしていました。

先日、マイクロソフトが新たなWebサービス「Xbox Idea」へのリニューアルをアナウンスしていました。これまでのサービスとの違いを中心にご紹介します。

Xbox IdeaはXbox Feedbackと同じUser VoiceというWebサービスをベースとしているため、見た目は同じように思われるかもしれません。Xbox Ideaでは、Idea Driveというコンセプトが導入されているという違いがあります。Idea Driveは、ある特定の機能やトピックに関するテーマで1~3か月程度の一定期間で開催されるキャンペーンのようなものです。

Idea Driveは大きく3つのフェーズに分かれています。Collection Phase、Voting Phase、そしてResultです。

ほとんどのIdea DriveはCollection Phaseから始まります。ここで特定のテーマに関するユーザーのアイデアが募集されます。最初はXbox Insiderチームのアイデアから始まりますが、日々ユーザーからのアイデアがリストに追加されていきます。
重複するアイデア、無関係な投稿はそのリストに追加されないことに注意してください。
Collection Phaseが終了したら、今度はVoting Phaseとして投票が始まります(場合によってはCollection PhaseではなくVoting Phaseから始まる場合もあるようです)。新しいアイデアの投稿は締め切られ、投票したりコメントしたりすることができます。Xboxチームはコメントにはすべて目を通すとのことですので、ぜひコメントしましょう。
最終的に投票が締め切られると、Idea Driveは終了となります。どのようなアイデアが投稿されているか見ることはできますが、投票やコメントは締め切られます。Xboxのチームで投票結果をレビューし、その結果はXbox WireのInsider Blogにて発表されます。

Idea Driveとして取り上げてほしいテーマやアイデアの提案もできるようです。

2018年6月29日現在、マイコレクションやXbox Insider ProgramについてのVoting Phaseが始まっています。決済前にあらかじめダウンロードしたいとか予約購入が始まったら通知が欲しいといったアイデアが掲載されています。また、Easy to Use(使いやすさ)に関するアイデア投稿も現在募集中とのことです。通知の位置を変えたいとかシステムのフォントを自由に変えたいといったアイデアもあるようです。

テーマが特定されているぶん、有益なアイデアがいくつも見つかりここから実現する方向性が明確になっているので、リニューアル後の展開に期待したいと思います。ぜひ一度アクセスしてみて投稿したり投票してみたりしてはいかがでしょうか。