Xbox Oneの新機能「クラブ」に参加してみよう(プレビュー紹介)


先日の記事で、Xbox Oneのプレビュー機能としてのクラブのつくり方を説明しました。

今回は正式適用になった時に迷わないよう、プレビューでの体験を踏まえて参加の仕方からどういうことができるかまで紹介したいと思います。

参加方法は、自分からクラブに参加申請する方法と、すでにクラブに参加している人から招待や推薦をしてもらう方法があります。それぞれ説明します。

1.クラブを検索して参加申請

2016-10-26-2

新規にクラブに参加したい場合、Xbox Oneのホーム画面の「コミュニティ」タブの右上「Xboxのクラブ」から自分の入りたいクラブを検索することができます。

ここから入ると、「クラブをもっと知る」という画面に移動します。ここでは、招待されているクラブや自分の参加しているクラブ、そして最近プレイしたゲームからお勧めのクラブが一覧表示されています。招待を受けたり推薦されたクラブに参加するのもいいでしょう。また、画面の右上にある「クラブを検索」を選択すると検索画面に移ります。ここで直接クラブの名前を入れて検索したり、特定のゲームやタグ(ゲーマータグではなくクラブにつけられる検索用のタグです)で検索することができます。

なお、ここで検索できるのはクラブの設定が「公開制」、「メンバー制」となっているクラブのみで、完全招待制の「秘密のクラブ」となっている場合は検索できません。フレンドなどから招待してもらうようにしてもらいましょう。

2.クラブに招待されてみよう

2016-10-26-3

自分でクラブを探して参加申請する方法だけでなく、クラブメンバーのほうから招待や推薦をしてもらうことで参加することもできます。

先ほどの項目で説明したホーム画面の「コミュニティ」タブの「Xboxのクラブ」に「保留中の招待」として件数が表示されていますので、ここで招待が来ているかどうかわかるのでそこから「クラブをもっと知る」画面に移り、そのクラブの「招待を受ける」を選べば参加となります。

ちなみにクラブへの招待は誰ができるかというのはクラブ側の設定で決めることができます。オーナーや管理人しか招待できない場合もあれば、メンバー誰でも招待できる権限を持っている場合もあります。

招待できる権限を持っている人は、クラブ画面の「情報」タブを開くと「ユーザーを招待」というボタンがあり、これを押すとフレンドから招待したい人を選ぶことができます。

権限を持っていない人は、同じ位置に「ユーザーを推薦」というボタンがあります。これは本人の代わりに参加申請をする方法です。申請と同じようにオーナーや管理人の承認というステップを踏んでから参加するという流れになります。

3.クラブで何ができる?

クラブに参加すると、Xboxのソーシャル機能を利用してメンバーといろいろなコミュニケーションを楽しむことができます。

参加しているクラブはガイド(しいたけボタン2回押し)のフレンド一覧にフレンドと一緒にリストアップされているので、ここから素早くアクセスすることができます。

グループを検索:特定のゲームをプレイするための募集をかけることができます。前回記事で紹介したときからアップデートが行われ、先の日付で募集をかけることができます。

フィード:今のホーム画面にもフィードがありますが、クラブメンバー間で共有するためのフィードが用意されています。実績やクリップ、メッセージなどをメンバー向けに共有できます。

チャット:文字通りメンバー内でテキストチャットをすることができます。

4.Xboxアプリでいつでもどこでもクラブを

この機能は現在プレビューの段階ですが、いつ適用するかは予定が立っているそうなので、まもなくXbox Oneにアップデートが配信されてみんなが使えるようになると思います。

Windows 10 PCとWindows 10 mobileでは、Xboxアプリのベータ版でクラブ機能が適用されていることを確認しています。おそらくiPhoneやAndroid版のXboxアプリでも同様にクラブ機能が適用されていて、正式版にもまもなく適用されるでしょう。

そうなるとリビングのXbox Oneにとどまらず、寝室のPCや外出先でのスマホを通じて、いつでもどこでもXboxのクラブメンバーとコミュニケーションを楽しむことができますね。

正式適用がいつか気になる人は、ぜひメジャーネルソン(@majornelson)のツイッターアカウントをフォローしておくことをお勧めします。