Xbox Feedback 活用のためにルールを理解しよう


Xbox FeedbackというのはXboxに関するサービスや機能について、ユーザーが改善・新機能の提案を行うことができるWebサービスです。

マイクロソフトアカウントでサインインすれば、新しい意見を投稿したり、ほかのユーザーが投稿した意見に投票したりコメントをつけたりすることができます。Xbox 360の互換対応の要望を投票するために使ったという方は多いと思います。

少し前の話ですがE3 2016の前後あたりで運用ルールが変更になったため、まとめておきたいと思います。

 

1.投稿ルール

 

ガイドラインには基本的にフォーラムとして一般的な注意事項が書かれています。他人に攻撃的な表現をしないとか、そういう投稿があっても取り合わずにスルーしろなどなど…
それ以外にXbox Feedbackの投稿にあたって特に注意すべき事項としては、以下の点が挙げられています。

  • 既存の投稿と重複しないこと
  • アイデアや機能のリクエストとして有効であること(カスタマーサポートの類や個人的な要望はNG)
  • きちんとしたアイデアや投稿文であること(一投稿当たり一提案)
  • マイクロソフトが実行可能なことであること(他社が権利を持つキャラクターをゲームに使うとかXbox One本体をただで配れとかはNG)

 

2.New Idea – 拡散して同意を集めよう

 

投稿されたアイデアは、まずNew Ideaという単一のカテゴリフォーラムに入れられます。

ここで求められるのは、まず人々の注目をひき、同意を集めることにあります。つまり、New Ideaとして投稿されてから90日間で少なくとも100票の投票を集めることが条件となります。それをクリアすることで次の段階に進めます。

もし集まらなかったら? アーカイブ化され、我々ユーザーからは見えなくなってしまいます。

ですので、投稿したらなるべくツイートなどのSNSで拡散することをおススメします。

 

3.Featured Area Forum – 議論で提案を深化させよう

 

New Ideaで多くの意見を集めることができれば、それぞれの機能ごとのカテゴリのフォーラムに移されます。ページの右側(モバイルだとページ下部)に”Avator”とか”Xbox Store”のようなカテゴリのリンクがありますが、そこの中に移されます。

ここから大事なのは、「建設的な議論」です。

実際にXboxチームの人たちも投稿内容をレビューするときは、きちんとコメントを読んでいるということです。そこでどういう流れで意見が集まっているかを参考にして改善が図られているものと思います。出来上がってからこんなはずじゃなかったと言わないためにも、どういうふうに改善してほしいか、どういう新機能がほしいか、ぜひ積極的にコメントを投稿しましょう。

検索してみてちょっと自分の要望とは違うなと思った提案内容でも、自分はこういうふうにしたほうがいいんじゃないかとコメントを残したり、あるいはいいアイデアだと思ったら賛同するコメントを残していくなど、自分の思いをぜひ残してみてはいかがでしょうか。

 

4.英語サイトだけど…

 

このサイトは英語で運営されていますが、おそらくXboxの開発者たちは日本語でも大丈夫なのかもしれません。しかし、できるだけ英語で投稿することをお勧めします。

というのも、このサイトは全世界の…は大げさとしても、いろいろな投稿内容を見ているとアメリカなどの英語圏やスペイン語圏、ロシア、韓国、アラビア語圏といった様々な地域のユーザーが利用しているのがわかります。日本に関する投稿でも、日本人ではない人たちも賛同するコメントを残してくれているというありがたいケースもあります。そうした人たちの注目を得るためにも、できればたとえブロークンでも英語で投稿したほうがいいかと思います。

なかなか大変なことですが、世界中のみんなでXboxをよりよいゲームの世界にしていけると考えれば楽しいことかもしれませんね。

 

今後はこのサイトでもこれはといった要望を随時ピックアップしていきたいと思います。