Xbox One インサイダープログラム:新たに適用開始となった「リング」とは?


クリエイターズアップデートのプレビュー適用が始まりましたが、同時にインサイダープログラムについても変更が行われたことがアナウンスされました(ソース:reddit)。

インサイダープログラムとは、今までのプレビュープログラムが刷新されたもので、ゲーム、アプリなども含めたXboxに関する様々な新機能を先行して試し、フィードバックを返すことができるプログラムのことです。今までのシステム周りのプレビューアップデートプログラムは、このインサイダープログラムの一部という形になっています。インサイダープログラムにはXbox Insider Hubというアプリをダウンロードすることで誰でも参加が可能になっています。

今回、インサイダープログラムにおけるこのプレビューアップデートについて、プレイヤーを4つの「リング(Ring)」に分け、そのリングごとに適用タイミングを変えるという変更点が発表されました。

変更点とは、フィードバックを返す頻度やXbox Oneの使用頻度に応じて、プレイヤーをアルファ、ベータ、リング3、リング4という4段階に分け、それぞれにアップデートの適用頻度を変えるということになります。よくフィードバックを返す人にはそれだけ早い段階でプレビューを適用し、より多くのフィードバックを得たいということですね。逆にあまりフィードバックを返さない人には、アップデートの適用頻度を減らしてより安定したバージョンを配信するということになります。

アップデートの適用頻度は、それぞれ週2-3回、週1-2回、アップデート期間中2-3回、月1回、といった頻度を予定しているみたいです。ただし、正式リリースが近くなるとバグ修正も勢いよく進むので、その時期にはもう少し頻度が高くなるそうです。

というわけで、新しい機能をちょっと先行体験してみたいという人にとっては頻繁なアップデートやバグに悩まされることが少ない安定版が配信されるというのは悪くない話といってもいいかと思います。

もしももっとアップデートを先行体験してみたいという人は、より積極的にフィードバックを返してみてはいかがでしょうか。キャパシティは限られているようですが、次回以降はより優先度が高くなるかもしれません。ちなみに以下のような行動がベースになるそうです。

・クエストや調査、投票、評価といったXbox Insider Hubのコンテンツを消化する。

・Xbox Insider Hubから提供されるゲームやアプリのベータに参加する

・Xbox公式サイトのフォーラム(英語版)のプレビュー板にフィードバックを投稿する

・本体の「問題を報告」からバグを報告する

・Xbox One本体を定期的に使用する

なお、自分がどのリングに属するのかを知るには、Xbox Insider HubのInsiderコンテンツからシステムにある「Xbox One Update Preview」を選択し、遷移した画面にある「管理」を押します。そこに表示されたPreviewのラジオボタンに記載されている更新タイミングや文言などから判断できますよ。

積極的に参加したい人はより積極的に、そうでない人も簡単に先行体験できる、という役割分担でプレビューに関わることができるという点で、いい変更点だと思います。もしも参加していないという人も、興味があればぜひアプリをダウンロードして参加してみてはいかがでしょうか。