【Gigantic】積極的な戦いでクリティカルヒットを狙え


Giganticのオープンベータをプレイして、何度か敵ヒーローやクリーチャーと戦っていると、自分の与えるダメージが時々大きく変化することがあることに気づくと思います。クリティカルヒットというのはよくあると思いますが、Giganticのクリティカルヒットのルールは一般的なゲームと少し違うところがあるので、そのあたりを解説したいと思います。

クリティカルヒットと言えば、だいたい一定の確率でランダムに決まるというのを想定すると思います。Giganticでは少し違って、戦場に長くとどまり、攻撃をヒットし続け、戦いに絡み続けることでどんどんクリティカルヒットの確率が高まっていきます。

なお、ここでいう攻撃をヒットし続け、というのは基本的に右トリガーによる基本攻撃を指しています。スキルのアップグレードにより変わることはありますが。また、クリティカルヒットが発生するのも、右トリガーによる基本攻撃だけです。

具体的にクリティカルヒットの確率についていうと、基本的にクリティカルヒットは0.01%程度がデフォルト値です。この確率が、攻撃をヒットさせるたびにアップしていきます。これはヒーローによって異なりますが、+2%から+12%の間で加算させることができます。これはヒーローの攻撃スピードや、クリティカルヒット率にかかわるアップグレードの有無により変わってきます。最大100%までアップさせることができます。

クリティカルヒットとなった場合、デフォルトでは通常ダメージに20%加算されます。画面上も、黄色の文字で大き目に表示されます。

こうして敵に攻撃を与え続ければどんどんクリティカルヒットの確率は高まっていきますが、逆にほんの少しでも基本攻撃を与えることができなくなったら、確率は急速に下がっていきます。クリティカルヒットを与えようと思えば戦い続ける必要があります。リスクはありますが、十分狙う価値はあります。こうした仕組みを理解したうえで、戦場での振る舞いを考えてみましょう。